高齢者が多い地方こそ手厚くする必要があります

近年、大都市圏には介護ビジネスが活発化し多くの介護福祉施設や病院などが建設されています。
しかしながら、地方ではこのような動きが緩慢であり多くの人が十分なサービスを受けられていないのが現状です。
特に福祉医療のサービスが受けられる施設も少なく医療や福祉の難民になっている人も多くいます。
医師や看護師不足や介護福祉士のなり手が少ないなども原因として挙げられます。
このため、特に高齢者が多い地方こそ手厚い福祉医療のサービスを施す必要があるのです。
国は介護や福祉に対する保険料を値上げして財源を確保しているため、高齢者の特に多い地域からインフラ整備することが求められるのです。
また災害時などは一番犠牲になりやすい高齢者へどのような対応を取ればよいのかを考えることも大切です。
特に近年多発している大災害が発生した場合に、在宅での介護をしている人や一人暮らしの高齢者をサポートするシステムを考える必要があるのです。